メチャカリ

メチャカリで借りた洋服を汚損・破損した場合は?弁償金は?

月額2,980円から新品の洋服がレンタルできるメチャカリ。

競合他社のどのファッションレンタルよりリーズナブルな価格帯でサービスを利用できるので、20代〜30代女性を中心に人気を集めているサービスです。

 

今回は、そんなメチャカリでレンタルした洋服を万が一、汚したり破いてしまった場合(汚損・破損時)の対処法についてご紹介します。

 

メチャカリに限らず、ファッションレンタルサービスはその性質上、汚したり壊してしまわないように、気を使いながら利用しなければなりません。

あくまでも“レンタル品”であり、自分のものではないので、常識を超えるような汚れや損傷を与えてしまった場合は、弁償金が発生することもあります。

メチャカリでレンタルした洋服の汚損・破損について、詳しくみていきましょう。

 

メチャカリでレンタルした洋服を汚したり破いてしまった場合は?

もしメチャカリでレンタルした洋服を汚したり、破いてしまった場合は、程度により補償金や弁償金を支払わなければなりません。

もちろん、普通に使う分の汚れや傷みは、補償金・弁償金の対象にはなりません。

しかし、汚損・破損の状態が著しいアイテムは返却できないとのことなので、必然的にそのまま買い取りをしなければなりません。

 

補償金・弁償金を支払わなくて良い程度の汚れは?

補償金や弁償金等の違約金を支払わなくても大丈夫な程度の汚れは、“洗濯やクリーニングで落とせる汚れやニオイ”が目安です。

普通に使う分の汚れや傷みに関しては、補償金・弁償金の対象にはなりません。

汚れだけではなく「ニオイ移り」も汚損の原因となるので、香水・タバコ等の取り扱いには十分に注意してください

 

破損に関しては、洗濯・クリーニングでも修繕はできないので、残念ながら補償金・弁償金の支払いが発生してしまいます。

特に注意したいのは、洋服のほつれやボタン外れなどの細かい不備です。

修繕可能な場合は、メチャカリ運営の方で修繕対応を行ってくれるのですが、その場合は弁償金が発生してしまいます。

いずれにせよ、月額料金以外の支払いが発生してしまう可能性があるので、レンタルした洋服は大切に着るようにしてください。

 

また、どうしても汚れやニオイが気になる場合は、一度自宅で洗濯をしてから返却すると良いです。

メチャカリでレンタルした洋服は洗濯OKなので、繰り返し清潔な状態で着回しできるのも嬉しいポイントです。

▼実際にメチャカリの洋服を洗濯した様子はこちらの記事から▼

メチャカリの洋服を実際に洗濯してみた!洗濯表示に沿ったやり方を徹底解説メチャカリは、月額2,980円〜洋服をレンタルできるサブスクリプションサービスです。 競合他社のサービスよりもリーズナブルな月額料...

 

補償金・弁償金を支払わなければならない洋服の状態は?

メチャカリでレンタルした洋服を汚損・破損してしまった場合、補償金・弁償金を支払わなければならない洋服の状態を具体的に解説します。

公式サイトには、以下のような表現がありました。

ボタンほつれ・糸ほつれ・匂い・染み・毛玉・穴・傷・破れ・血液・排泄物・嘔吐物の付着など、汚損・破損の状態が著しいアイテム

メチャカリ FAQ:借りたアイテムを汚したら?

 

メチャカリは新品の洋服をレンタルできるので、その分破損や汚損がすぐに分かってしまいます。

なので、他社のファッションレンタルに比べたら少しだけ汚損・破損時の自己責任の基準が厳しい印象を受けます。

例えば、ボタンほつれ・糸ほつれ・毛玉なんかは、運営の方で無料でメンテナンスしてもらえることが多い印象だったのですが、メチャカリではそれも補償金・弁償金の対象となってしまいます・・・。

なおさら、レンタルした洋服は大切に使わなければなりませんね・・・。

 

紛失・盗難は、100%の価格で弁償しなければならない

汚損・破損も気をつけたいところなんですが、さらに気をつけたいのは紛失・盗難です。

自分の手元にレンタルしたアイテムがなくなってしまった場合は、有無を言わさずに販売価格の100%の価格で弁償しなければなりません。

他のファッションレンタルサービスでも、紛失・盗難に関しては100%の価格で弁償金を支払わなければならなくなるため、レンタル品の管理は徹底して行うようにしてください。

 

メチャカリの違約金(補償金・弁償金)の目安

続いては、メチャカリでレンタルしたアイテムを汚損・破損・紛失した場合の、具体的な補償金・弁償金の金額をみていきましょう。

メチャカリ公式サイトの利用規約にその旨が書かれていたので、ご紹介します。

メチャカリの違約金

盗難・紛失の場合は、標準販売価格の100%の支払い
破損・汚損により一切使用でいない状態の場合は、標準販売価格の100%の支払い
修繕可能な場合は、標準販売価格の20%の支払い

メチャカリで取り扱っているアイテムはプチプラ価格のものが多いので、そこまで法外な金額を請求されることはないのですが、それでも補償金・弁償金は痛い出費となってしまいます。

レンタルした洋服は大切に管理するようにしてくださいね

 

メチャカリの洋服を汚損・破損した場合「買取り」すると良い

メチャカリでレンタルした洋服を汚損・破損してしまった場合は、標準価格の20%〜100%の弁償金を支払わなければなりません。

「この汚れ大丈夫かな?」と、心配な汚れや破れがある場合は、いっそのことそのままアイテムを買取ってしまうのもひとつの方法です。

どうせ補償金・弁償金を支払わなければならないのなら、その洋服を自分のものにしてしまえば、(損傷の程度によりますが)今後も洋服を着続けることができます。

メチャカリでは、一度返却してしまったアイテムは購入することができないので、汚れや傷みが気になるアイテムは、先取って自分で購入してしまうのもひとつの方法です。

 

メチャカリで借りた洋服を汚損・破損した場合まとめ

メチャカリは、すべて新品のアイテムをレンタルできる数少ないファッションレンタルのひとつなんですが、その分汚損や破損をしてしまった場合の審査が少し厳しめに感じました。

ただ、メチャカリで取り扱っているブランドの多くは“プチプラの価格帯(2,000〜5,000円)”なので、100%の弁償金の支払いが発生したとしても、万単位の出費は覚悟しなくても良いです。

月額2,980円〜とリーズナブルな価格帯で利用できるメチャカリなので、補償金・弁償金もリーズナブルな金額設定ということでした。

また、メチャカリでレンタルしたアイテムは、自宅洗濯やクリーニングに出してもOKなので、洋服メンテナンスが気になる人はこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

メチャカリの洋服を実際に洗濯してみた!洗濯表示に沿ったやり方を徹底解説メチャカリは、月額2,980円〜洋服をレンタルできるサブスクリプションサービスです。 競合他社のサービスよりもリーズナブルな月額料...

当記事を参考にしていただき、みなさんのメチャカリライフがより良いものになりますように♪

\月額2,980円〜洋服借り放題!/
▽アプリ無料ダウンロードはこちら▽
メチャカリ
公式サイトへ

こちらの記事も人気です!