ファッション雑記・豆知識

【実例8選】洋服の断捨離・管理術!すぐに真似できる!

洋服の断捨離をしたい!
洋服を処分したい!
洋服管理が上手くできるようになりたい!

といった方に向けて、今回はミニマリストや断捨離を得意とする方々に実例付きで、洋服の管理方法についてご紹介していきます。

どの方法も簡単で、すぐにでも真似できるものばかりなので、是非みなさんも実践してみてくださいね!

 

【実例8選】洋服の断捨離・管理術!

それでは早速、洋服の断捨離・管理の具体的な実例を紹介していきます。

たくさんの方法をご紹介いただいたので、きっとみなさんにぴったりの方法が見つかるはずですよ!

 

洋服管理のマイルールを決める(40代・主婦)


私は元々洋服が好きで、デザインや色、素材などに応じてたくさんの種類の洋服を揃えて満足していました。

その時の気分や出かける場所、会う人に応じて自分なりに洋服を選んで着ていたつもりです。

独身のころはそれで良かったのですが、結婚して子どもが生まれると、クローゼットすべてを自分の洋服で占領するわけにはいかなくなりました。

そこで、今は子育てで着れないけれど「いつか着れる、まだ着れる」と思い、コレクションの洋服たちを畳んで収納することにしました。

続きを読む(タップ)

子育て中はとにかく動きやすく・洗いやすい洋服が重宝します。

気付けば毎日デニムとTシャツ。

シフォンやレース素材のスカートは、何年も履いていないということに気づきました。

履いていないけれど「まだ履けるし!高かったし!」と思うと、なかなか処分する勇気が持てず『洋服の入った開かずの引き出し』がたくさんあることに、頭を悩ませていました。

そんな中、シンプルな暮らしや最低限のもので暮らす人の本に出会い、読み進めていくと、今の自分は『着ない洋服に家賃を払っている』状態だと気づきました。

 

私は持っている洋服をすべて出して、実際に着てみました。

すると、体重は変わっていないのに、何となく似合わないのです。

恐らく年月の経過とともに、ちょっとした顔の雰囲気や体型が変わっていたのだと思います。

ショックでしたが、これを機に着ていない洋服を全て処分しました。

 

そして、洋服を管理する上でマイルールを設けました。

洋服はすべてハンガーにかけて収納
流行りに流されず、自分が好きなテイストの服を買う
バーゲンには行かない
 デニムは育てたいのでいいものを、Tシャツは消耗品と考えリーズナブルなものを購入する
夏物と冬物を分けない、衣替えの必要をなくす
クローゼットの空きのハンガー分は購入してOK

このようなマイルールを作ったことで、今では不要なものを買わなくなりました。

私にとって、衣替えの必要がないことは非常にノンストレスです。

 

以前はファッション誌を購入し、流行の色や形のものを取り入れていましたが、流行の洋服が自分に似合うとは限りません。

自分の骨格や肌の色などで似合う洋服が変わってくるので、本を購入しファッションの勉強をしました。

洋服はシンプルで家で洗濯ができるものに限定して購入しています。

枚数を持たなくても、頻繁に洗濯ができれば清潔に暮らしていくことは可能なのだと実感しています。

以前より、洋服に対する執着がなくなったおかげで、とても身軽に感じています。

今の洋服に対するスタンスに満足しているので、今後も続けていきたいと思っています。

 

洋服をたたんで収納からハンガーに掛けて収納に変更すると劇的に管理が楽になった(30代・予備校講師/女性)


洋服の管理ができていないことが原因で、洋服はたくさん持っているはずなのに、毎回同じ物ばかり着ることに。

一人暮らしを始めたころの私がまさにそうでした。

大学入学後はじめての上京、人並みに家事はできるはずでしたが、洋服を洗う・干す・アイロンかける・畳む・仕舞う…の流れが面倒で仕方がなく、いつも適当に丸めてベッド下収納に放り込んでいました。

そのため、何を持っているか分からない上、探し出しても着られる状態でないため、結局同じような服ばかり着ていました。

買う時も、すぐだめにしてしまうからノーブランドの安い物しか買う気がせず、おしゃれも全然できなかったです。

続きを読む(タップ)

そんな中、洋服の管理方法を大きく変える出来事がおこりました。

引っ越しです。

以前住んでいたのは学生マンションはクローゼットがなかったのですが、次の家は二畳程度の大きなクローゼットがありました。

ハンガーラックもあったので、それならいっそすべての服をハンガーに吊るして管理しようかと思い立ちました。

畳むのは下着と靴下のみ、残りはTシャツからブラウス、ワイシャツ、ニットやジャケット、スカートやジーンズもすべてハンガーに吊るして、同じ種類ごと・色ごとに並べて吊るしました。

まず楽になったのは洋服のメンテです。

畳んで保管しなくていいので、洋服にシワが寄ることもなくなりました。

たとえばワイシャツ。
以前はシワになるのでめったに着なかったのですが、今ではパリッとした白シャツを気持ちよく日々のコーデに取り入れています。

また、同じものを並べて吊るしておくと、少しの色あせや傷みにも気づきやすくなり、洋服の寿命も延びた気がします。

 

買い替えや買い足しも無闇にしなくてよいし、同じような服を買うこともなくなりました。

お洒落についても、吊るしておくことで、コーデの幅も広がりました。

たとえば、前は取り出すのが億劫でつい手近にあるものばかり着ていたのが、すべてがずらりと並んでいることで、服の取り合わせを考えて鏡の前で合わせて…という作業がずっと楽になりました。

そのおかげか、新卒で服装自由の会社に入ったあとも、毎日お洒落を楽しみながら充実した暮らしをしています!

 

洋服を一度に断捨離!物が減ったことでミニマリスト生活ができるようになった(40代・フリーランス/男性)


僕は現在、完全なるミニマリストです。

しかし以前までは、ブランドの洋服が好きで部屋中が服で溢れ返り、衣裳部屋が一つでは足りない状態。

どう整理するか、あれこれ悩んでいました。

続きを読む(タップ)

洋服を大量に持っていたのですが、その中にはめったに着ることのない服も多く、実際に着てファッションを楽しむというより、部屋に飾って眺めて満足するためのコレクションとして購入していました。

そんな生活の中ある時、心境の変化が訪れます。

定期的に着ることもない洋服を買い続ける生活に無駄が多いこと、幸福度・満足度がまったく向上しないことに気付いてから、

考え方や生活スタイルを改め、所有していた大量の服を恵まれない方たちに寄付しました。

 

現在僕の洋服管理術は非常にシンプルです。

それは自分に必要な洋服だけを所有することです。
シンプルで必要以上に大きなスペースも必要ないので、必然的に洋服を管理しやすくなります。

さらに一度購入したら、その服が着れる限り、着続けるようにしているので、以前のように洋服の管理に悩まされることはなくなりました。

洋服をいかに管理するかという問題をきっかけに、洋服の管理に日々悩まされていた以前の自分のライフスタイルとミニマリストになった現在の僕のライフスタイルでは、180度変化しています。

洋服以外の家電や日用品も、必要以上に買ってしまう方だったのですが、今では自分が生きていくために必要なものだけを購入する習慣ができました。

 

洋服を買う時のマイルールを決める(40代・主婦)


クローゼットは洋服で溢れているのに、いざ服を選ぼうとすると足りないアイテムばかりに目が行ってしまう。

以前の私はいつもこんな状態でした。

服自体はたくさん持っているのに、その服を使ってコーディネートしようとすると、それぞれ微妙にテイストが違ってちぐはぐな印象になり、合わせる服や靴、バッグまで新たに買うことになって、またものが増えて行く悪循環なのです。

一枚一枚は気に入って買った服なのに、他の服と合わせるのが難しく、結局ほとんど使われずクローゼットの肥やしになってしまう服が多いのも悩みでした。

続きを読む(タップ)

そんな悩みが解消されたのは、自分の好みと似合う服を理解し、ファッションのテイストを統一することができたからです。

テイストが決まれば、あとはそれに合う服を厳選して増やしていくだけ。

 

そこで、洋服を購入する時のルールを5つ決めることにしました。

気に入っても即決せず、手持ちアイテムと最低5パターンのコーディネートが組めるか考える
今の年齢の自分に合っているか、先々まで使えるか
どうしても流行りを取り入れたい時はファストファッションで。ワンシーズンで着なくなる可能性が高いものは避ける。
新しい服を買ったら、その分着古した服を手放す。

このルールこそが、洋服管理術に役立っています。

これさえ守ればクローゼットはいつもすっきりで、毎日のコーディネートに困ることもありません。

 

若い頃はどうしても、あれもこれもと何でも試したくなってしまいますし、自分に似合うかどうかは関係なしに好きな物だけ買っていました。

今よりずっとたくさんの服飾品を持っていたのに、常に何もかも足りないと感じており、心に余裕がなく、自分のパーソナリティも無視していました。

ですが今では、自分のパーソナリティを見つめ、地に足のついたライフスタイルを確保できるようになりました。

服のテイストが決まれば、自然とインテリアやメイクなど、ライフスタイル全般のテイストが決まってきます。

部屋も片付き、必要最低限のものだけで生きることを常に念頭に置くようにしています。

 

色ごと・素材ごとに洋服を分けることで洋服管理が楽に(40代・会社員/男性)


僕は以前から洋服管理に苦戦しており、「どんなコーディネイトをすれば良いか分からない!」と毎日の洋服選びに悩む事がありました。

その大きな原因は、洋服の数が多かったことと、きちんと整理が出来ていなかったことです。

「洋服の数が多いというと金持ちか?」と思われるかもしれませんが、むしろ逆。

お金に余裕はないし洋服をポンポン買うわけでもないので、昔購入した洋服も大事にとってあって数が増えていたという感じです。

こんな感じで昔買った洋服まで残していたので、どこに何があるかを把握出来なくなっていたのです。

続きを読む(タップ)

これらの悩みを解決してくれたのは、洋服のミニマム化です。

キッカケは引っ越しでした。

引っ越しを機に、昔はよく着ていたけど今は流行遅れになって着なくなったような洋服を全部処分しました。

捨て方は申し訳ないですけど、ゴミ袋に詰めて燃えるゴミとして出しました。

まあそうしないと引っ越しの荷物が大変な事になっていましたし、丁度良い機会だったんです。

そうする事で洋服の数は少なくなりましたし、引っ越し時にどの洋服はどこに置くか考えながらしたので、洋服の場所は大体把握出来ました。

 

洋服が少なくなったことで、管理と整理もしやすくもなりました。

例えば以前だったら洋服の数は多かったですし、シャツは長袖と半袖で分ける等の二つにしかわけていませんでした。

しかし洋服の数が減った事で、長袖と半袖に分けるのはもちろん、明るい系の長袖とダーク系の長袖といった感じで同じ長袖でも色分けをして収納するように。

パンツにしても以前は素材で分けていたのを、明るい系とダーク系といったように細分化して収納するようになりました。

こんな感じで収納時には、季節だけでなく色でも分けるようにしました。

するとコーディネートが楽になったんです。

 

洋服の数が少なくなっただけでなく細分化することで、ブラウン系のシャツはどういうものがあったか?というのがすぐ脳裏に浮かぶようになりました。

洋服の種類を脳内で把握できるようになったとでもいいましょうか。

そのおかげで、「このジャケットにはあのシャツとパンツが合うな」などとすぐに判断ができるようになりました。

コーディネイトにかける時間が短くなり、洋服を断捨離したことで洋服選びが楽になりましたね。

もちろん新しい洋服は買うのですが、自分が把握出来る範囲内に洋服の数を留める。
これが僕の洋服管理術です。

 

着る服をハンガーにかけて見やすく、着ない服は収納ボックスに入れて管理する(30代・主婦)


以前は、授乳中ということもあり洋服の管理がまったくできていませんでした。

忙しさ故に汚れても良いような服装中心で、ファッションとは無縁の毎日を過ごしていたことを覚えています。

しかし、授乳が完了し少しだけ洋服にも気を使えるようになった現在は、洋服管理を見直すように心がけています。

 

まずはクローゼットの中身の見直しから。

クローゼットの中は、季節を問わずさまざまな洋服が散乱していました。
そうすると、毎日同じような洋服を着る日々が続き、気分的にもすっきりしません。

そこで、クローゼットの中をしっかりと季節別に分けることをしました。

続きを読む(タップ)

1番目にしたことはクローゼットの中に、収納ボックスを設置することです。

収納ボックスの中には着ない洋服を整理し、クローゼットには今着る服をハンガーにかけるようにしました。

そうすることで、毎日着る洋服をパッと見て分かるようになり、どんな色の洋服が多いのかも判断できるようになりました。

自分の洋服の傾向を掴むことができて、最近は今までに着たことがない色やコーデに挑戦してファッションを楽しんでいます。

 

以前はさほどファッションに興味がありませんでしたが、クローゼットを整理するだけでこんなに生活が楽しくなるんだと感じています。

また、お出かけをする頻度も増えてリフレッシュをすることができています。

まだ子供に手が掛かり上手くコーディネートができない日もありますが、休日はおしゃれをするようにして心の整理もできました。

「もったいない」と着ない洋服をため込むことよりも、潔く売って新しい洋服を手に入れることもおすすめですよ。

 

透明の洋服ケースの活用と不要な服は売る(50代・主婦)


子供の成長にあわせて、入学式のスーツ、保護者会スーツ、お出掛け着、普段着等、季節季節で、洋服は増えるばかり。

娘は娘で、成長するにつれ、オシャレにも気を配り始めると、季節季節の洋服も私と同じように増え、私の婚礼タンスにぎっしりと詰め込まれるようになり、タンスの中の洋服を吊るすパイプが今に曲がるのではないか?と思うほどでした。

洋服を探すにも、奥にしまわれていると、隠れてしまい、見つかりません。

見つからないから洋服がある事を忘れて、また購入します。

その繰り返しで、洋服が増える一方でした。

そこで、ホームセンターで透明の洋服ケースを私と娘の2つ購入しました。

続きを読む(タップ)

婚礼タンスには、今着る季節の洋服を入れ、洋服ケースは今は着ないけれど、まだ今後着る洋服を入れました。

透明ですから、何が入っているのかも、大体これでわかります。

これで随分と婚礼タンスはスッキリしました。

 

問題は、今も今後も着ない洋服です。

山ほどありましたから、持ちきれるだけ、近所の洋服買い取り店に持って行きました。

しかし、驚いたことに、ブランドの洋服も1枚安い物で10円、高くても100円なんです。
いくら要らないとはいえ、欲しくてお金を出して買ったものです。

洋服の価値にショックでした。

 

そこで今度は別の方法はないか色々探し、某ネット販売に出してみました。

これは、希望販売価格を自分で設定することが出来ます。

しかし、ネットに中古の洋服は山のように出品されており、1ヶ月しても買ってくださる方が出なくて、諦めました。

するとネット通販をしている某洋服販売店がある程度の金額で引き取ってもらえる事がわかり、こちらにお願いする事になりました。

 

自宅にあった余分な洋服がなくなり、部屋が随分すっきりとしましたし、朝の忙しい時間にタンスを開けると、今の季節で着れる物だけが入っていますから、洋服選びがとても楽になりました。

また綺麗に並べられた洋服を見るのは気持ちが良いですから、クリーニングに出したり、洗濯をしたり、洋服の手入れが楽しくなりました。

またハウスダストのアレルギーを持っていましたから、アレルギーの改善を期待しています。

洋服を購入する時も、衝動買いも減りました。

洋服はなかなか痛んだり、破れたりしませんから、ながければ、10年、20年も持ちます。

衝動買いをしたい気持ちになると「洋服は増える一方、売っても10円」と心に言い聞かせ、気に入った洋服だけを購入するようにしています。

 

レンタル倉庫に保管(40代・技術職/男性)


物を捨てることが苦手な僕は、必要ないものまでも「いつか使えるから」という理由で、溜め込んでしまう性分で、妻からはいつも「自室の掃除をしてくれ!」と言われていました。

服だけではなく、書籍・趣味のもの・仕事道具・子供の頃の思い出のものまで溢れかえっており、自室は完全に物置状態になっていました。

見かねた妻に「レンタル倉庫」というサービスがあることを教えてもらいました。

続きを読む(タップ)

「レンタル倉庫」とは、利用料金を支払うことで、個人で倉庫を借りることができるサービスのことです。

収納用スペースとして借りるので、自宅では収納しきれない・捨てられない物を保管しておくのに最適です。

僕が契約した倉庫は、温度管理もしてくれる倉庫だったので、美術品なんかを保管している人もいましたね。

 

僕は、とりあえずは使わない物を倉庫に移動させました。

今では定期的に倉庫に通うことが日課になり、「秘密基地」みたいな感覚で、倉庫にある自分のコレクションたちを眺めたり物色することが楽しみのひとつとなっています。

断捨離とは物を処分することに重きをおくことなんですが、僕のように物に対する執着心が強くて物を捨てられない人は、保管用の場所を自宅とは別で用意する方法もおすすめですよ!

 

【実例8選】洋服の断捨離・管理術まとめ

洋服の断捨離・管理術の実例をご紹介しました。

みなさんが失敗してきた共通点としては、

洋服が増えることで、洋服の管理ができなくなり、似たような洋服を買い続けてしまうという「無駄」が発生してしまっていることです。

 

ハンガーに掛けるなど一目で見やすい保管をしたり、手持ちの洋服を減らすことで、洋服管理が一気にしやすくなります。

結果、

無駄な洋服を買わないので、金銭的節約に繋がる
洋服選びの時短になって時間の無駄がなくなる

と、良いことずくめのライフスタイルを築けるようになります。

洋服管理をきっかけに、日用品などのその他の物を減らす習慣もつく方も多いので、是非みなさんも手始めに洋服の断捨離や管理に挑戦してみてくださいね!

 

ここまで、洋服の断捨離・管理術をご紹介しましたが、

自分で管理するのってめんどくさいなぁ〜
もっと簡単に洋服管理ができる方法はないの?

と思った方は、「エアークローゼット」というファッションレンタルがおすすめです。

エアークローゼットでは、プロのスタイリストが体型の悩みをカバーする洋服や、自分に似合う洋服を選んでくれるので、洋服選びの手間がまるっと削減できます。

そもそも洋服をレンタルで済ませちゃえば、自宅のクローゼットがパンパンに溢れかえることはありません。

洋服選びの時間もなくなるので、時間的コスパが高くなるのも魅力。

ミニマリスト生活を送っている方に中には、エアークローゼットのようなファッションレンタルをうまく活用している方が多いので、みなさんもレンタルを併用して、おしゃれかつ楽チンなファッションライフを送ってみませんか?

 

エアークローゼットが気になる方は、こちらの記事からご確認くださいね

>> エアークローゼットを実際に使った感想と、リアルな口コミを暴露!

エアークローゼットの口コミ評判!30代女子が3年使った感想を徹底レビューエアクロ歴3年の30代女子がエアークローゼットの口コミ・評判を徹底解説!実際に使った感想・体験談や着用してみた写真も大公開!初月を安くできるクーポン情報も掲載しているので要チェック!...
こちらの記事も人気です!